ホーム > コラム > 月末の通信制限を回避する8つの方法

月末の通信制限を回避する8つの方法

更新日:2016年4月17日

1ヶ月の間、あなたはどれくらいスマホで通信をするでしょうか?一般的な容量制限が7GBですね。正直、パソコンで日常的に通信している者からしたら、少なすぎて呆れます。7GBでは毎日動画を見ていたら、あっという間に通信制限に引っ掛かってしまうのではないでしょうか。ここではその限られた通信料を上手く節約する8つの方法を紹介したいと思います。

通信料7GBの壁、通信制限について

回線の限界を想定した通信制限

現在の主流は高速通信LTEですが、その結果、私たちは大容量のファイルのやり取りが出来るようになりました。しかし多くのユーザーが利用しすぎれば回線が混雑してしまうため、各社横並びで月7GBという容量制限を設けるようになりました。この7GBを使用してしまうと通信速度が極端に落ちてしまいます。

どんな状況で通信制限にかかる場合が多いのか

突然通信速度が落ちて、混乱する人も多いのではないでしょうか。データの通信料が圧倒的に多いのが動画です。また容量の多いファイルのダウンロードなどを頻繁に行うと7GBでは1ヶ月以内で簡単に使い果たしてしまいます。こういった場合に通信制限に掛かる人が多いようです。

通信制限にかかると、速度が非常に遅くなります。動画はもちろんゲームも実質利用不可能。TwitterやWeb観覧の読み込みでさえも遅く感じる。ほとんど使い物にならないと言っていいでしょう。

業者によって違う復活タイミング、docomoとKDDIは翌月1日から

翌月1日から通信制限が順次解除されるのがdocomoとKDDIです。面倒なのがソフトバンクで、契約時の締め日によって解除日が複数ありまして、10日、20日、月末の3種類が存在します。自分がどの締め日で契約しているかしっかり把握しておきましょう。料金案内の請求内訳を確認すれば知ることが出来ます。

容量追加も可能、だが問題は料金

2GB追加で2500円程。これが容量制限に掛かった後、容量を実際に増加できる通信量と金額です。7GBを使い果たしている状況で2GBを追加したところでどの程度持つのでしょうか。しかも追加金額の設定も高く、いちいち追加していたら負担になってしまいます。

速度制限を回避する8つの方法

追加容量を購入しないよう、手持ちの7GBという容量のみで、出来るだけ効率よくネットを楽しむための方法を調べてみました。どれも簡単ですので、ぜひ試してみてください。

1.自宅ではWi-Fiを使用する

大きな容量を通信する場合は、自宅の固定回線を利用しましょう。固定回線のWi-Fiでしたら容量無制限ですので、高画質の動画も存分に楽しめます。その分スマホのデータ通信を節約することが出来ます。

2.コンビニやカフェの無料Wi-Fiを利用する

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどの大手コンビニは無料でWi-Fiスポットを設けており、誰でも利用することが可能です。カフェでもスターバックスやタリーズなども同様に無料でWi-Fiを提供しています。また空港や駅でも貸し出している場合があります。ただし、無料のWi-Fiはセキュリティに脆弱性の心配もありますので注意しましょう。誰でも使えるのが現状ですので、不正アクセスされないとも限りません。

3.アプリのモバイルデータ通信の設定をオフに

スマホの設定画面の「モバイルデータ通信」で、個別にアプリ毎のデータの通信量を確認することが出来ます。ここで大量に通信しているアプリの「モバイルデータ通信を使用」をオフに設定すれば、そのアプリはWi-Fiでのみ通信を行うことになります。

4.iCloudも同様にオフに

設定からiCloud→書類とデータ→モバイルデータ通信をオフにします。これで、iCloudが自動的にバックアップしていた通信がWi-Fi使用時以外、動作しなくなります。使い方によっては不便がでてくるかもしれませんが、結構効果的なのでぜひ試してみてください。

5.アプリの自動アップデートをオフに

アプリの自動アップデートをオフに設定することで、自分の好きなタイミングでアプリ毎にアップデートすることが可能になります。自動だと毎回結構な通信量がかかるので、できるだけWi-Fi環境でのアップデートとダウンロードを心がけましょう。

6.動画やゲームはWi-Fi時のみに限定する

大容量のデータ通信する動画やゲームはWi-Fi環境下でのみ使用するのが得策です。動画がデータ消費量の一番の原因ですし、ゲームによっても「通信中」や「ロード中」と頻繁に表示されるものは通信量が多い場合がありますので注意しましょう。

7.WebブラウザはSafariよりChromeを使用する

ChromeはSafariには無い「データ使用量節約機能」がついていますので、通信量を抑えたい場合には使用するのがオススメです。Chromeの設定→帯域幅→データ使用量を節約をオンにすることで使用できます。

8.画像が多いサイトには注意

画像も意外と容量が大きい場合が多いので、注意が必要です。画像数が多いサイトを観覧する場合には気をつけましょう。

スマホはすでに私達の生活の必需品です。そしてデータ通信がスマホの最大の魅力の一つです。これらの方法を賢く利用し、ストレスのないスマホライフをぜひ送って下さい。

人気記事ランキング

水没はスマホのような精密機械にとって致命的なトラブルになりま...

1ヶ月の間、あなたはどれくらいスマホで通信をするでしょうか?...

カテゴリー